お茶の富士秋山園:こだわりの茶師が育てる究極のお茶!秋山園
   ホーム |   秋山園について |   ご意見 |   ご注文方法 |   リンク |   お問合せ | 買い物かごを見る

脳梗塞リスク減(循環器疾患の死亡率低減東北大チーム調査)

1日5杯以上 緑茶を飲む人は脳血管障害・特に脳梗塞のリスク減!
 東北大の栗山進一助教授らのチームが、日頃から緑茶を多く飲んでいる人は脳梗塞などの循環器疾患による死亡率が著しく低く寿命が伸びる可能性があることを確認し、このほど米国医学会雑誌に発表した。4万人を7~11年にわたり追跡調査した結果で県内茶業関係者は「信頼が高い研究で、お茶の効能が実証された。」と注目している。 栗山教授らは1994年に40~79歳だった宮城県内に住む4万530人を対象に全体的な死亡率について11年間、病気ごとの死亡率については7年間に渡り追跡調査した。緑茶を飲む量によって4つのグループに分け、死亡率や死因率を調べた結果。。。

1日5杯以上飲む人の死亡率は、一杯未満の人に比べて男性で12%女性で23%それぞれ低いことが分かった。
循環器疾患死亡ではこうした関連がより強く見られ、リスクは男性22%女性で31%それぞれ低下した。特に脳血管障害、中でも脳梗塞でリスク減が顕著だった。

 緑茶に含まれるポリフェノールには循環器疾患や癌に対する防御作用があるとされ、細胞レベルや
動物実験での成果は報告されてきたが、人間を対象にした研究は少なかった。栗山教授は「少なくとも動脈硬化に関しては効果がある可能性が確認できた。緑茶に含まれる有効成分を特定すれば、動脈硬化の予防・治療に応用できるのでは。」とみている。
横越英彦静岡県立大教授は「科学的に確認するためには大がかりな臨床実験の結果を待たなければならないが、今回の研究結果はこうした流れの1ステップとして評価できる。」と評価した。

静岡新聞 2006・9・14 掲載記事より抜粋


« ティーバック価格表一覧 | メイン | おいしいお茶は素材が第一 : 富士秋山園では、一貫した茶作りを行っています。 »