お茶の富士秋山園:こだわりの茶師が育てる究極のお茶!秋山園
   ホーム |   秋山園について |   ご意見 |   ご注文方法 |   リンク |   お問合せ | 買い物かごを見る

10月10日 昔は体育の日・・・秋の運動会


写真はイメージ(西尾市歴史民族資料館より)
1964年 私はまだ幼稚園児。
今でも記憶に残っている人混みと、紙と割り箸で作った日本の旗を持って、旧国道一号線の 昔で言うところの 旧吉原市消防署の前辺り(今の ペコちゃんのFUJIYA の前辺り)で「日の丸」を振って聖火ランナーを見に行ったことを思い出します。


聖火ランナーはあっという間に通り過ぎたようで、何かごちゃごちゃした騒ぎの集団が、人混みでできた垣根の中を訳のわからないうちに・・・・・
 全くおぼろげな記憶でしかないが・・・ 「日の丸」を持って沿道に並ぶという、異様な雰囲気の中で、(何かが始まるのかな)という思いがした気がします。
東京オリンピックの始まりでした。

運動会は秋に挙行されるのが通常ですが、今や時代は変わり、2学期制の故でもありましょうか、
5月に(当方は気力 体力共に、一年間で最もテンション高く、バリバリモードに切り替え中)とり行われる事が多くなったようです。
また一つ日本の風物詩である行事が、人間様のご都合で変えられてしまった。

谷内六郎氏の嘆きが聞こえてきます。

そういえば はちまき 白足袋で徒競走したことも記憶の中で存在しています。
妙なる高揚感と共に 何かノスタルジックなつぶやきですな・・・・・

ついでに・・・・・新幹線開業の日に、静岡駅から 「こだま号」 に乗り、名古屋の東山動物園に行ったと記憶しております。
今は亡き祖父と二人で、車中ず~と立ったままで、往復した思いがあります。
動物園では象とサイが異様に大きく感じたと記憶しております。
当然金の「シャチホコ」も眺めました。
すごくまぶしかったような気がします。

日本の高度経済成長を体感してきて、現在のことを思うと複雑な気持ちになりますが・・・
「つぶやき」の中で少しづつ吐露していきましょう。


« おでん | メイン | 学校2学期制に思う »