お茶の富士秋山園:こだわりの茶師が育てる究極のお茶!秋山園
   ホーム |   秋山園について |   ご意見 |   ご注文方法 |   リンク |   お問合せ | 買い物かごを見る

学校2学期制に思う

富士市の公立小学校は昨年からすべて2学期制になりました。
先の3連休が前期の区切りとする「秋休み」だそうで、昨日は後期の始業式。なんとも・・・


当然「あらわれ」(昔で言う通信簿)なるものを持ち帰ってくるのですが、テストが一枚帰ってきた と同じような感覚に今年は感じました。  

先生方におかれましては心を尽くして評価くださったのに、大変失礼な言い方ですが・・・家庭からのコメントもじっくり考える間もなく子供を見つめるまもなく返却期限が来てしまい、親はあたふたと、子供はだらだら (チョッと表現が違うかもしれませんが・・)と後期が始まってしまった。という感じでした。

まだ2学期制に慣れないからか 3学期制で自分が育ってきてしまったからか、2学期制の良さが実感できません。

小学校は運動会も2学期制になり5月になりました。9月にすると「あらわれ」の記述と重なるからでしょうか(勝手な憶測ですが・・・)
運動会は 季語としては 「秋」だそうです。
運動会の主旨は何なのでしょう。
今年長男は昨年に続き 運動会の実行委員を任せれていましたが、自分たちの納得の行くような準備・練習が出来ず悩んでいました。

実質運動会の練習はゴールデンウィーク明けからしか出来ません。
家族が楽しみに見に来てくれる運動会。
1年生は入学して間もない中の 初めての運動会。
6年生にとっては 小学生最後の運動会。
他の学年にしても学年が上がり まだ落ち着かない状態。
その様な状態の中で みんなを輝かせたい! と最上級生として思っていたらしいのですが、当然時間も足りず満足行く運営が出来なかった。と残念がっていました。

私たちの頃は、運動会と言えば「ゆで落花生に青いみかん」 「ゆで栗」の時もあったかなぁ
徒競走で何番だった。とか自分たちがこれまで頑張ってきた成果を恥ずかしながらも親の前で披露するのですから、緊張も相当なものだったと記憶しています。
夏を終えて青いみかんの香りをかぐと、運動会を思い出しました。
今の子供達は大人になった時 どの様な事で「運動会」を感じるのでしょうか。

茶師さんが 10月10日 体育の日  とブログに書き込みをしたので、そうだ体育の日だった。と体育の日を思い出しました。

今日お客様と「今日は昔で言う体育の日ですね。」 と話し始めたら
「昔は1月15日と言ったら成人式 敬老の日もずれちゃって何がなんだか分からなくなっちゃって 何の日だか何を祝うのかもあまり感じなくなって、ただ祝日か と思う程度感じておかしなものだねぇ」とおっしゃっていました。

私は自営業ですので「休日」と言うのをあまり意識しませんが お勤めの方たちは やはり連休になるようにハッピーマンデーの方が都合が良いのでしょう。
その方が経済効果もあるとか・・・ 
合理性を取るか・不便?ながらも本質を取るか・・・

「地球温暖化」ならず「人間温暖化」にならないことを祈って・・・


« 10月10日 昔は体育の日・・・秋の運動会 | メイン | 秋満喫 »