お茶の富士秋山園:こだわりの茶師が育てる究極のお茶!秋山園
   ホーム |   秋山園について |   ご意見 |   ご注文方法 |   リンク |   お問合せ | 買い物かごを見る

産経新聞に 「べにふうき」 お茶でアレルギー症状緩和記事 


花粉症の季節に注目「べにふうき」 茶葉に抗アレルギー作用

                                  2008.2.3 産経新聞記事より

メチル化カテキンを豊富に含む「べにふうき」の茶葉 本格的な花粉の飛散シーズンを前に、40年ほど前に誕生した国産茶葉「べにふうき」が注目を集めている。最近の研究で、この茶に多く含まれる「メチル化カテキン」に、花粉症やアトピー性皮膚炎などのアレルギー症状を緩和する抗アレルギー作用があることが判明。ペットボトル飲料やキャンデーなど、食品メーカーによる商品開発も活発になってきた。

 「べにふうき」は昭和40年、鹿児島県枕崎市にある旧農水省茶業試験場で、アッサム系の雑種とダージリン系の茶葉を交配させ、国産紅茶の新品種として誕生した。だが、46年の紅茶輸入の自由化が打撃となり、市場に普及することなく幻の品種として忘れ去られていた。

 この「べにふうき」茶葉が、アレルギー緩和作用のある「メチル化カテキン」を豊富に含んでいることを発見したのは、独立行政法人「農業・食品産業技術総合研究機構・野菜茶業研究所」の研究チームだ。

 


 アレルギーは免疫システムの過剰反応によって生じる。花粉やダニなどアレルギーを引き起こす抗原(アレルゲン)と、これを排除しようと体内で作り出された抗体が反応するさい、細胞からヒスタミンなどの炎症物質が大量に放出され、くしゃみ、鼻水、目のかゆみといった症状が引き起こされる。

 研究チームの山本万里チーム長らは、メチル化カテキンがヒスタミンの放出などを抑制することで、アレルギー反応を緩和するはたらきがあることを突き止めた。また一般的なカテキンに比べ、体内への吸収率が6倍も高く、血液中にとどまっている時間も長いことが確認されたという。

 スギ花粉症患者27人を対象にした試験では、1日2杯の「べにふうき」茶を4カ月間飲んだグループは、普通の緑茶を飲んだグループに比べ、くしゃみやはなをかむ回数、目のかゆみなどの症状が改善するデータが得られたという。

 山本さんは「薬剤のように副作用を気にせず、毎日気軽に摂取できる身近な食品で症状を緩和させることができればメリットは大きい」と話している。


« 二月・・・如月きさらぎ・・・あったまるお茶 | メイン | 富士山のふもと富士市で栽培本物「べにふうき」 »