お茶の富士秋山園:こだわりの茶師が育てる究極のお茶!秋山園
   ホーム |   秋山園について |   ご意見 |   ご注文方法 |   リンク |   お問合せ | 買い物かごを見る

発見しました。シモバシラ



東富士演習場内にて、
不思議な光景です。実は、シモバシラという植物による、真冬の造形美なのです。

植物名→シモバシラ
さて、解説いたします。インターネットで調べてみました。

これは、植物が作る氷の芸術です。
シモバシラという植物はこの時期、根から吸い上げた水分が茎の裂け目から凍りながら出てきます。それが様々な形を作り、氷華ともいうべきものを作り出します。

此が出来るためには、地中に適当な水分があり、温度が氷点以上であること、地上の温度は氷点以下であることが必要です。
それならば、どんな植物でもできそうなものですが…この時期まで水を吸い上げる力があり茎が裂けやすいシモバシラが、この芸術の担い手のようです。雨や雪が降れば消えてしまいますし昼間暖かくなれば、溶けてしまいます。10時頃には、影も形もありませんでした。


この現象を見るのは、なかなか大変なようです。私は、最初、誰かがティッシュペーパーでもちぎって置いたようにしか見えませんでした。

微かな記憶の中に、テレビで見た自然現象の一つである記憶がよみがえり、写真に撮っておきました。周りの気温は、私の感覚では、マイナス五度位でした。

接写可能な、優れたカメラをお持ちの方ならば、絶好の被写体ですね。

今日は、冬至、どちら様も温かいお風呂に柚子を浮かべて…カボチャを食して…熱燗、焼酎のお湯割り、またはホットウィスキーなど

« 良く冷えました! | メイン | テーブルきのこ »