お茶の富士秋山園:こだわりの茶師が育てる究極のお茶!秋山園
   ホーム |   秋山園について |   ご意見 |   ご注文方法 |   リンク |   お問合せ | 買い物かごを見る

紅茶の審査



出来上がった紅茶を、他の紅茶と比較しながら、審査・見方の勉強をしました。
外国産から、国産各地、品種別や製法別など、20種類位を比較検討いたしました。

優劣をつけるのではなくて、紅茶の見方の基本を学びながら、また優れた紅茶とは何かを学びながら、香気、水色、から色、味などをみながら、実にさまざまでした。

驚いたのは、ミルクを入れて飲んだり、砂糖を入れたりして審査したことです。
紅茶は、ブレンドにより安定した、品質、味香りをだすようにするのがテクニックだそうです。渋味、香り、水色をチェックして、安定した品質になるように、ブレンドするのが大事なようです。

日本茶の審査は、欠点探しであり、紅茶の審査はまた全然べつの観点に立ったものであることも、教わりました。

世界の高級紅茶、ダージリンに至っては、まったく別の見方であり、産地としての特徴は、これだという評価を得ているようです。

また、ミルクや砂糖を入れて審査すると、ストレートティーとしての評価からまったく別の評価に変わってきます。

さらに、熟成を待っての変化、また、篩分けによるグレード別や、発酵度合いなど、未知の審査方法も学びました。

« 紅茶製造研修・発酵止め | メイン | 紅茶製造研修・審査 »