お茶の富士秋山園:こだわりの茶師が育てる究極のお茶!秋山園
   ホーム |   秋山園について |   ご意見 |   ご注文方法 |   リンク |   お問合せ | 買い物かごを見る

紅茶製造研修・審査



紅茶は、形状は、あまり審査の対象としては、重視されないようです。
しかし、全く関係ないとは言えません。
シルバーチップの入り具合や、使用されている芽格などは品質と相関関係があります。

写真の審査風景は、紅茶ならではのものです。

渋味、香気、水色を審査します。やはり、適度な渋味は、紅茶には不可欠なものと思います。

こうして、紅茶を様々な視点から比較検討して、自らの製造する紅茶を、より個性的なさらにグレードを上げた製品にすることが、今回の紅茶製造研修の目的です。

ブログ上では、書き込みませんが、いくつかのポイントがあることは間違いありません。偶然出来上がったのではなくて、必然的に作り上げるのが、私の目的です。

また、さらに研鑽してよりよき和紅茶を作り上げたいと思います。

今、鹿児島知覧の薩摩英国館で買い求めた、『夢富貴』を、自作のベニフウキ紅茶と飲み比べながら、次なるステップへの意欲が掻き立てられます。


┐(  ̄ー ̄)┌ フッ

秋山勝英、紅茶製造研修レポート、おしまいです!

« 紅茶の審査 | メイン | 鹿児島空港にて »