お茶の富士秋山園:こだわりの茶師が育てる究極のお茶!秋山園
   ホーム |   秋山園について |   ご意見 |   ご注文方法 |   リンク |   お問合せ | 買い物かごを見る

OーCHAラブボーイ&ガールズ


インストラクター協会静岡県支部のお仕事で
出身小学校でお茶講座をしてきました。



小学校4年生 への出前講座
母校(外観はすっかり変わってしまいましたが・・・)での講座とあって
日にちが近くなると
気の小さい私は 忘れ物をした夢・遅刻した夢・・・など夢で良かった!と思う夢から
現実の講座になりました。

子供たちは反応も良く スタッフの力を借りながら
自分で淹れたお茶を友達に味わってもらい
「おいしいよ」と言われ
照れながら飲んでいる姿が印象的でした。
友達に淹れてもらったお茶は一味違ったようです。

子供たちへの出前講座をしていつも思うことは
小学校中学年ぐらいまでは昔と変わらない素朴な子供たちの印象です。
それが中学生 高校生と成長していく過程で
どうして社会に背を向けてしまう子が多くなったんだろう
と残念に思います。
子供たちは昔とちっとも変っていないのに・・・・

探究心溢れるキラキラした目で物事を楽しみ吸収していく力は
興味の差はあれどどの子も持っています。
どこで背中を向けてしまうのでしょう・・・

少子化の中 子供に対しての環境・教育がちょっとずつずれていってしまっているように感じます。
大人は子供への責任として 大人としての役割を
もっと考えなくては取り返しのつかない日本になってしまいそうです。

今回 富士市立伝法小学校 4年生の皆さんと楽しい時を共有できて
有り難く思っています。感謝・感謝!
4年生の皆さんに勇気と元気をもらいました。
また お茶のパワーをみんなに伝えて
みんなの心と体が少しでも健康になれるよう頑張りたいと思いました。

たくさんの質問のあった「お菓子」
お茶もお菓子も昔ながらの日本の本物の味を味わってもらいたかったので
香川県で作っている和三盆糖を取り寄せました。
三谷製糖の「羽根さぬき」というお菓子でした。
美味しかったね!^^


« 梅一輪、一輪程の・・・・ | メイン | 花粉はほぼ一年中 »