お茶の富士秋山園:こだわりの茶師が育てる究極のお茶!秋山園
   ホーム |   秋山園について |   ご意見 |   ご注文方法 |   リンク |   お問合せ | 買い物かごを見る

新茶最前線No.4


極わせ品種で有名な、『牧の原ワセ』通称マキワセです。無被覆完全露地です。マキワセが順調に摘める年は、早い遅いはあるにしても、大きな霜害などは回避できそうです。



静岡県内の茶の作柄は、秋山園のブログを見ればわかるという、茶業関係者もおります。


はっきりと映像つきで、忌憚のない情報があると言うことで、「お気に入り」に登録している方も多いようです。


マキワセは、他のワセ品種と比べると樹勢がやや落ちることは否定できません。やや扱いにくい品種です。味的には、やや渋味があるとも言えますが、かえって野趣味があるという表現もできます。

秋山園では、マキワセの個性を上手くコントロールしながら、独自の栽培方法で、これがマキワセかと思わせる逸品を作り上げます。

毎年、楽しみな品種の一つです。

この写真も、4/10撮影です。


« 新茶最前線No.3 | メイン | 新茶最前線No.5 »