お茶の富士秋山園:こだわりの茶師が育てる究極のお茶!秋山園
   ホーム |   秋山園について |   ご意見 |   ご注文方法 |   リンク |   お問合せ | 買い物かごを見る

大釜ゆでたけのこ


たけのこシーズンももうすぐ終わり
竹木?になってしまったような
大きなタケノコも この大釜ですと
楽々ゆだります。
竹木のようなたけのこがじっくり時間をかけて釜ゆですると
歯ごたえがあって 意外と美味しいんです^^


春は忙しいです。
今年は少し遅れぎみでしたが、
順調に春を迎え 一斉に自然界の物が動き出すと
やることがいっぱいで
農家にとっては
目の回る忙しさになります。

自然界は待ってくれません。

春は忙しいですが
この世の春とはよく言ったもので 花も咲き 誇り心が華やぎます。
山菜も一斉に顔を出し 自然の恵みを堪能できます。
鳥たちも日の出と共にさえずりが一段とにぎやかです。
気にして聞くと 
すごい数の鳥が それぞれ精一杯さえずっているので
結構うるさいのに 耳障りではないのが不思議です。

自分の子供を見ていると
遺伝子に驚かされますが、
自然界のサイクルにも気がつくところだけでも
「すごいなぁ~」と感心してしまうことばかりです。
人間なんてまだ浅はかですね。

タケノコもタイミングを逃すと?になってしましますが
お茶の芽もタイミングを逃すと××になってしまします

摘採適期を見極めて主人はお茶を作っています
寝ないで頑張って作ることも多いですが
さすがに年を感じるようです。

大好きなお茶を 納得がいくように作れる環境を少しでも整える事が出来ればよいのですが
一緒になって 二十数年になろうとしていますが
まだまだです。
だんだん 図々しくなってるかも^^;


« 新茶最前線No.22 | メイン | 新茶最前線No.23 »