お茶の富士秋山園:こだわりの茶師が育てる究極のお茶!秋山園
   ホーム |   秋山園について |   ご意見 |   ご注文方法 |   リンク |   お問合せ | 買い物かごを見る

食農学習交流研修会in三島


先頃、2/18土曜日に三島市内において、食農学習交流研修会が開かれ、参加してまいりました。

私の身分としては食農応援団員:静岡県農業経営士として参加いたしました。参加動機や目的は、自らの立ち位置や今後の活動を進化させるための情報集めと新たなモチベーションを高めるためでありました。

場所は、三島市民活動センターにて、各種法人などからの参加者約25名にて、事例発表などが行われました。


具体的内容は、「静岡県の農林水産業と県の目指す食育」「食農体験の実践事例」「命をつなぐ食農教育」「食事バランスガイド」などの発表報告でした。


個人的には、「命をつなぐ食農教育~子供たちに伝える~」静岡県総合教育センター指導主事の望月康弘氏の話が、なかなか良かったです。
また、どこかで話を聞いたりまた、学校などに来てもらって、是非改めてお話を聞かせていただきたいと思いました。素晴らしい内容を秘めたお話、プレゼンでした。

さて、そのような中、写真の弁当は、昼食に出された「地場産の食材を使ったバランスのよいお弁当」ということで、お茶缶ドリンク(沼津茶)つきで1000円でした。
印象は、高いが第一印象です。地場産ならば、物流コストは安く済むはずなのに…材料の値段は市販とそんなに差はないと思うのだが…因みに野菜類はほとんど三島山麓産、魚は(鯵)は沼津(加工)、米は古代米を使う積もりが予算上県内産普通米です。

私にとっては、プチベールが目新しいくらいであとはどうってことはないが、値段が高いかな?
という疑問符がつきました。
一般人の昼食代金は、500円以下と認識するのですがいかがですか?


また、次回?次の食農学習研修会が有りそうです。
参加して、何かを掴んできたいと思います。


« 最近読んだ本 | メイン | 鳥獣被害・ヒヨドリ »