お茶の富士秋山園:こだわりの茶師が育てる究極のお茶!秋山園
   ホーム |   秋山園について |   ご意見 |   ご注文方法 |   リンク |   お問合せ | 買い物かごを見る

ふき味噌



富士山の麓にも春がやってきました!
ご飯大好き!の私の春のひとつの楽しみは
ふき味噌を作ることです^^


歳を重ねると アクの強いものが好きになりまして・・・^^;
ふきのとうもその一つで
おひたしや天ぷらも美味しいですが
近年はふきのとうを見つけると みんな「ふき味噌」にしてしまいます。

私が「ふき味噌」を美味しく作りたいと思うようになったのは・・・

秋山の家の親戚になるのですが
波乱万丈の人生を自分らしく生き抜いた女性と
晩年親しくさせていただく中で
「ふき味噌」が好物と伺い
病の中でも好きなものなら少しは食が進むかと思い
我が家の山で取れるふきのとうを使って
私の作ったお味噌で(味噌作りは趣味でやっていましたので)
何とか元気の出る美味しいふき味噌を作りたいと
試行錯誤し、ふきのとうの苦味を残したふき味噌を作り(ふきのとうらしい苦みばしって香りがするものが好みと聞いたので)
差し入れたところ とても喜んでいただいたのがきっかけでした。

憧れの女性に 何か認めたれたような気がして嬉しく思いました。

私の作る「ふき味噌」は作った人を象徴するかの
苦みばしったクセを残したものですから 好き嫌いが当然あると思います。
若者には敬遠されることも多いと思います。

でも
この頃私は そんなクセのあるアクの強いものが好きになってきました。
と同時に自分も自分のアクの強さから好き嫌いがはっきり別れてしまうような人間になってきた感じがします。

ちょっと前までは いや今でもですが
外面よく人当たり良く良い人に思われようと
必死にもがいてきたように思います。
今でもそうです。
でも
この頃少し 私らしいというか「私のアク」を大切にしたいと思うようになりつつあります。
八方美人ではなく 私が憧れた女性のように 自分らしく生きていけたら と思うようになりました。
アクの強さから 若者からは敬遠されるかもしれません。
でも 若者が歳をとったときに その「アク」の良さを分かってくれるような
アクの種をまいて行けたらと思っています。

じゃあ先ずは チョット大人になって挨拶が恥ずかしくなった中学生ぐらいの子に
しつこく「こんにちは!おかえり!」 と
挨拶でもしてみましょうか(^^)/


« 鳥獣被害・ヒヨドリ | メイン | 梅が咲きました。 »