お茶の富士秋山園:こだわりの茶師が育てる究極のお茶!秋山園
   ホーム |   秋山園について |   ご意見 |   ご注文方法 |   リンク |   お問合せ | 買い物かごを見る

卒業

末っ子娘が小学校を卒業しました。
12年間小学校にお世話になりました。
娘はお世話になった先生の愛情をいっぱい感じて卒業しました。
有難いことです。
そのまま公立の中学に進学です。

こんな田舎でも最近は私立中学に進学するお子さんが増えてきました。


第一子が入学した頃は 全てが初めてで何に関しても一生懸命小学校と関わっていたように思います。
近所の○○名人が○○を教えに入ったり
家族の者が一緒に地域の勉強に参加したり
校庭で子供の体育の授業を日向ぼっこしながらお年寄りが
嬉しそうに見ていたり・・・
今より ほのぼのとした自由な空気が流れていたように感じます。


しかし
池田小学校の事件から学校の門は閉まり
じわじわといろいろな学校の門がしまってしまったように感じます。
保護者の変化もあるでしょうが
教育現場も様変わりした感があります。

子供には「個性を!」 と言う割に
教師の個性を上手く引き出して現場に下ろさなくなったように思います。

人生で大切な事の中に
「出逢い」
というものがあると思います。
それは幼ければ幼いほど影響力は「大」ですし
気がつかない才能も開花しやすくなります。

自国を誇りに思い国旗や国歌を尊重できないような教育のなかで
お安い義務教育に色々望むのは間違っているのかもしれませんが
公立の義務教育だからこそ
母国のために教育をなしていただきたいと望みます。

先祖が培ってきた日本人の心 日本の豊かな自然 世界に誇れる技術・・・
これからの若い世代が
「日本」
を誇りに思ってグローバル社会で活躍できるような
心意気が持てるように
もう一度公立の教育現場を考えていただければと思いました。

四月からは中学生!
社会人への準備です^^


« 萌芽しました。 | メイン | さくらんぼ・佐藤錦 »