お茶の富士秋山園:こだわりの茶師が育てる究極のお茶!秋山園
   ホーム |   秋山園について |   ご意見 |   ご注文方法 |   リンク |   お問合せ | 買い物かごを見る
ホーム > 2012年04月 アーカイブ

【 2012年04月23日 ===>】

24年・秋山園新茶情報No.13


明日、4月23日は静岡茶市場初取引です。写真は、4月21日撮影の秋山園・しゅんめいと茶摘み風景です。
一芽一芽手摘みをします。手摘みと称して、ハサミ機械摘みのお茶を高く売っている方々が茶商の中にいることは残念なことです。


本当の茶作りは、手間暇を惜しまず、コストを無視した中で行われているからこそ価値があります。

続きを読む "24年・秋山園新茶情報No.13" »

【 2012年04月22日 ===>】

山菜シリーズ


これは、藤の花のつぼみですが、これを天ぷらにして、塩を付けて食べるとなかなかの淡い苦味と甘味が、春の一時をかもしだします。

続きを読む "山菜シリーズ" »

【 2012年04月18日 ===>】

24年・秋山園新茶情報No.12


この写真は、秋山園の「ソウフウ」です。ヤブキタを種子親、印雑131を花粉親として交配してできた系統から選ばれました。日本初の緑茶・半発酵茶兼用品種として2002年に命名登録、2005年に品種登録されました。

続きを読む "24年・秋山園新茶情報No.12" »

【 2012年04月17日 ===>】

24年・秋山園新茶情報No.11


品種名は「山の息吹き」です。4/12撮影です。この品種は世の中に出始め初期には、ワセ品種として注目されましたが、お茶が黄色味を帯びて嫌われました。ところが被せ処理をすることにより、玉露風になることを確認して、秋山園では再定植して取り組んでおります。

続きを読む "24年・秋山園新茶情報No.11" »

【 2012年04月16日 ===>】

24年・秋山園新茶情報No.10


「ツユヒカリ」という品種です。なかなか、良い芽をしています。摘み頃は間も無くと言ったところでしょう。静岡県で開発登録された品種ですが、九州特に八女地域で人気のある品種です。最近は、かぶせ茶としての評価もあがり、注目の品種です。

続きを読む "24年・秋山園新茶情報No.10" »

【 2012年04月15日 ===>】

24年・秋山園新茶情報No.9

秋山園品種茶の「まきのはらわせ」通称マキワセです。4/13撮影です。摘むのには十分ですが、あと一枚芽伸びを待ち、下葉一枚残して、一芯三葉で摘みたいところです。

続きを読む "24年・秋山園新茶情報No.9" »

【 2012年04月12日 ===>】

24年・秋山園新茶情報No.7

4月11日、鹿児島茶市場初取引に見学に来ました。
雨降る中、多数の生産者と買い手茶商、茶業関係者が訪れておりました。
今年は、高値を期待されているらしく、鹿児島茶の将来を占う上でも、大事な年となることでしょう。

続きを読む "24年・秋山園新茶情報No.7" »

【 2012年04月11日 ===>】

24年・秋山園新茶情報No.6


九州視察研修の一部をご紹介いたします。
写真は、枕崎にある野菜茶業試験場の、品種試験圃場です。ひとめで、いろんなお茶が並んでいることがわかります。早晩性や色の特徴などが見てとれます。

撮影日時は、4/9午前11時過ぎとなります。

続きを読む "24年・秋山園新茶情報No.6" »

24年・秋山園新茶情報No.5

4/9本日は、鹿児島県枕崎に来ております。やはり、かなり早いです。間も無く摘採適期になります。我々の住む富士市よりも、季節が1ヶ月早く感じます。

南北に長い日本では、こんなにも季節が違うとは、驚きです。

枕崎辺りは、今週中には一斉に新茶製造に入るようです。一足早く、新茶時期に入り、羨ましい限り?です。

続きを読む "24年・秋山園新茶情報No.5" »

【 2012年04月09日 ===>】

山菜シリーズ


土筆と書いて、「つくし」と読むのは、漢字検定上級者向きか?
写真の土筆は、一面びっしり生えているのですがその一部です。

土筆は、雑草のスギナの花と言っても良いでしょう。かなり、しぶとい雑草で、農家の悩みの種でもあります。

土筆とはよくいったもので、その形から漢字が考えられたものでしょう。

続きを読む "山菜シリーズ" »

山菜シリーズ


今から、20年くらい前に、お茶と並行して何か農作物はないかと考えていたものの1つに山菜があります。その当時、タラの芽が良さそうだと判断して、根を取り寄せて増やしたのが始まりでした。

続きを読む "山菜シリーズ" »

【 2012年04月07日 ===>】

24年・秋山園新茶情報No.4


この写真は、春銘の茶園の状態です。
夕方5時頃に寒冷紗を閉めて、寒さ避けをします。そして翌日にまた開けます。写真は朝の開ける前の状態です。新芽の状態も徐々に伸長しているのが判ると思います。

続きを読む "24年・秋山園新茶情報No.4" »

【 2012年04月04日 ===>】

24年・秋山園新茶情報No.3

さて、この品種は芽の伸長は最も進んでいるものです。あまりにも、進みすぎて此方のほうがあたふたします。

写真を見て、芽の特徴や元の親葉を見て判断できる方は、かなりの現場事情通です。

続きを読む "24年・秋山園新茶情報No.3" »

【 2012年04月03日 ===>】

24年・秋山園新茶情報No.2

手揉み新茶用に、早だしの工夫をした品種茶の、新芽の状態です。

撮影は、4/2です。
この調子ならば、4/10くらいには、摘めるでしょうか?

続きを読む "24年・秋山園新茶情報No.2" »

桜が咲きました。

日本各地から、桜の開花情報が、毎日ニュースで流れてきます。少しずつ桜前線も北上を始めているようです。

秋山園の染井吉野桜が、4月1日に開花を確認しました。我々は、桜を勧賞するほどの余裕はございませんが、歳を重ねるごとに、桜の開花を心待ちにしている自分に気付きます。

続きを読む "桜が咲きました。" »

【 2012年04月02日 ===>】

24年・秋山園新茶情報No.1


4月1日現在、自宅前の品種茶「春銘」です。銘とは、特に高級茶に付けられる漢字と言われております。茗もございますが、特に中国では使い分けが、厳密な意味をもって、使い分けているようです。
完全露地、無加温でこの状態です。

続きを読む "24年・秋山園新茶情報No.1" »

【 2012年04月01日 ===>】

自酒・どぶろくです


以前ご案内のとおり、どぶろくを作っておりました。ほぼ完成の域に達したであろうと思い、軽く粗めの掬いザルにて、濾しました。
ややアルコール臭がしますが、まだまだ発酵が完了したわけでは有りません。

続きを読む "自酒・どぶろくです" »