お茶の富士秋山園:こだわりの茶師が育てる究極のお茶!秋山園
   ホーム |   秋山園について |   ご意見 |   ご注文方法 |   リンク |   お問合せ | 買い物かごを見る

新東名サービスエリア考


先日、静岡県内を走る新東名高速道路のサービスエリアを視察方々、物見遊山で巡ってきました。ネオパーサと言われているようですが…


写真は、駿河湾沼津ネオパーサの建物外観と、駿河湾側の写真です。ひとことで言えば、高速道路付随のショッピングセンター兼、土産物店と言えるでしょう。
観光客?が一巡すればたいしたことない施設となるでしょう。いまのところは、マスメディア(やらせを感じる)にのせられた一般大衆が押し寄せている感じはしますが…

売っているものを、納入している方々は、今は多少売れている感じがするでしょうが、消費全体のパイが膨らんだわけではない。元の東名高速道路のサービスエリアの売り上げはダウンしているのだから、良く考えてみればわかることでしょう。得しているのは、新東名サービスエリアを管理運営する組織の役員さんたちはウハウハでしょう。私は、詳しいマージンシステムは存じ上げないので、コメントは差し控えたいが…

土産物のお茶は、価格から判断すれば、酷い内容のものが多く、緑茶離れに拍車をかけている原因がここにも存在すると、苦虫を噛んだ思いがいたします。

売ったもの勝ち的な商売倫理観を全面に出し、お金を出して買っていただいた消費者のことは二の次の御仁が多い(いくつかの商品納入者は既知)のは、残念です。


余談ですが、某サービスエリアでの有名人監修ラーメンは、味が…だそうです。隣の席で食べていたトラック運転手風の方々が、語っていたが…
衆口金をも溶かすとはこのことでしょうか…


« スイカの出来栄え | メイン | 富士山初冠雪 »