お茶の富士秋山園:こだわりの茶師が育てる究極のお茶!秋山園
   ホーム |   秋山園について |   ご意見 |   ご注文方法 |   リンク |   お問合せ | 買い物かごを見る

アーカイブ


朝四時半からの焚き付け


恒例の、切り干し芋作りのために、朝四時半起きして、大釜に火を点けます。寒いので、暖かな火を暖に取りながら、釜だきを四時間ほどします。今年は、寒いので沸騰を始めるのに、約1時間ほどかかります。火に当たりながら、火の不思議と神秘性に魅力を感じながら、火の番をするのです。


切り干し芋作りも、本格的に始めて三年程になります。今年は、1月2日に始めました。お陰さまで、好評を博しており、リピーターと問い合わせの数が増えてきております。諸先輩方のご指導を受けながら、やっと安定的に納得のいく品質でできるようになりました。火加減も経験を積まないと難しいものです。沸き加減と音、匂いが判断の基ですが、全て経験がものをいいます。今年は、元になるニンジンさつまも吟味しているために、今までになく良い切り干し芋が出来ています。ご希望の方は、是非お電話で在庫ご確認の上、ご注文下されば幸いです。あと6回ほどの製造で終了となります。予約をいただければ幸いですが、大量の注文には応じかねますことをご理解願いたいと思います。

CMしっとりとした、昔ながらの本格的天日干しの切り干し芋を召し上がれ。ほっぺたが落ちるかもしれないよ。
(*^ー^)ノ♪(*^ー^)ノ♪(*^ー^)ノ♪


« あけましておめでとうございます | メイン | 改植・抜根作業開始 »