お茶の富士秋山園:こだわりの茶師が育てる究極のお茶!秋山園
   ホーム |   秋山園について |   ご意見 |   ご注文方法 |   リンク |   お問合せ | 買い物かごを見る
ホーム > 2013年10月 アーカイブ

【 2013年10月29日 ===>】

つゆひかり完売しました。

今日10/27日曜日は、静岡茶市場において、日本茶インストラクター協会主催の逸品茶会が開かれました。世界お茶まつりのプレイベントとして行われたものです。私共秋山園は、三種類のお茶を持ち込み、多くの来場者に試飲をしていただきながら、販売いたしました。

続きを読む "つゆひかり完売しました。" »

【 2013年10月28日 ===>】

烏龍茶の仕上げ


秋冬番茶も無事に終わり、本格的なお茶の仕上げの時期に入りました。写真は、自家製烏龍茶のあら茶を仕上げる工程の一部です。烏龍茶と言えば、中国産が主流ですが、実は、秋山園でも少しずつ、作り始めております。中国品種ではないが、烏龍茶にできる可能性のある国産品種を使っての製造を始めたのが今年です。

続きを読む "烏龍茶の仕上げ" »

【 2013年10月19日 ===>】

大実生姜豊作です

ご覧の写真は、大実生姜の写真です。二株分で約6㎏あります。冬に備えての風邪予防食品として、また薬味として、またまた生姜紅茶の原料として、秋山園にて栽培したものです。秋山園の生姜は、肥えた土地に植え付け、たっぷりと水やりをして、手間隙かけて栽培したものです。地元産直や直接注文を受けて販売もしています。大変豊作に上手にできています。

続きを読む "大実生姜豊作です" »

【 2013年10月15日 ===>】

秋茄子の収穫


台風26号が静岡県をかすめる予報が出ているため、風による擦れに弱い茄子を無理やり収穫してきました。ボケ茄子やオタンコ茄子もありましたが、この際に徹底的に取ってしまおうということで、雨降り前の収穫写真が、御覧の通りです。


続きを読む "秋茄子の収穫" »

甘茶製造しました

お釈迦様の誕生日とされる4月8日には、お誕生祝いとして、お寺などで、灌仏会(かんぶつえ)が行われるようですが、その際に甘茶を仏像にかけたり、集まった方々が飲んだりする風習儀式があります。漢方薬としても知られているようです。


続きを読む "甘茶製造しました" »

【 2013年10月13日 ===>】

カメムシの不思議

写真は皆さんもご存知かもしれないが、カメムシの写真です。この虫の背中の模様、デザインを見るたびに、不思議な感覚を覚えるのは何故だろう。東南アジア系の民族、原住民の、闘いまたは戦闘の防具である盾のデザインを想起させられるのは、私だけだろうか?

続きを読む "カメムシの不思議" »

【 2013年10月08日 ===>】

茶仕上げ・秋冬バージョン

ひとくちに、お茶の仕上げとは言っても、それはそれは奥の深いものがあります。写真をご覧のかたで、機械を見てははぁんと思える方もいらっしゃるでしょう。特に、火入れと言われる一連の工程には、経験と勘所が左右して、それぞれの茶店で仕上げが異なり、味や香りが違い、お客様の嗜好によって、選別買いができます。


続きを読む "茶仕上げ・秋冬バージョン" »

茶渋取り作業

製茶機械の中でも、粗揉機と言われる機械には、茶渋がつきます。写真は、その機械の中での茶渋が付いた状態です。この茶渋を取り除く作業がなかなか大変です。スクレーパーと言う道具を使います。力仕事で、こつが必要です。

続きを読む "茶渋取り作業" »

【 2013年10月05日 ===>】

秋冬番茶刈り取り


秋山園の私、秋山勝英はお茶刈りもします。相方は、妻の静子さんです。内助の功のお陰で何とかここまではやってこれました。感謝申し上げます。お陰様で、秋冬番茶も、販売は順調です。値段はいつもと変わらないのですが、昨年よりも2割増産予定です。


続きを読む "秋冬番茶刈り取り" »

【 2013年10月04日 ===>】

製茶機械部品破断


写真で御覧の事故がありました。幸いにも、機械のすぐそばにいて、異音に気付き機械は直ぐに停止、万が一に備えての予備部品は、準備万端用意保存してありました。約10分ほどで、取り換えて、再運転開始しました。慌てたために、爪をやや剥がしましたが、無事現状回復操業をしました。粗揉機の葉浚いという部品のアームが折れて、破損したわけです。まずは、怪我せずに済んだことに感謝ですね。


続きを読む "製茶機械部品破断" »