お茶の富士秋山園:こだわりの茶師が育てる究極のお茶!秋山園
   ホーム |   秋山園について |   ご意見 |   ご注文方法 |   リンク |   お問合せ | 買い物かごを見る

アーカイブ


新茶情報No.7


写真は、印雑131の新芽の伸びている状況です。4/9撮影です。力強い新芽を感じていただけるでしょうか?自然仕立てにしてあるので、新芽は全て手摘みとなります。(印雑131以外にも数品種が手摘み予定です)


印雑131は、幻の品種と言われており、県内でもその存在及び製造を手がける人は、私以外に、数人いるかいないかであろう。この秋に、作家の飯田辰彦さんが印雑131の特集本を上梓される予定と伺っております。折しも昨年私が、印雑倶楽部を立ち上げて、製造講習をやりましたが、今年はその続きをやろうと計画しております。また、アメイジングフレーバーティーが出来たならば、御披露目したいと思います。

第1回目は、通常蒸し製造にて、その次は被せて釜炒り茶にしようと思います。

幻のお茶を、敢えて世に問うて見ようと思います。


« 新茶情報No.6、新芽足踏み | メイン | 新茶情報No.8 »