お茶の富士秋山園:こだわりの茶師が育てる究極のお茶!秋山園
   ホーム |   秋山園について |   ご意見 |   ご注文方法 |   リンク |   お問合せ | 買い物かごを見る

路傍の蕎麦


茶園の脇、道路の傍らに蕎麦が生えてきました。きっと、トラックか何かの荷台から生の蕎麦種を運んでいる最中にポロリと落ちて、道路のコンクリートの隙間に落ちて発芽したにちがいありません。かつて、ど根性大根などともてはやされたこともあるこのての話ではありますが、ど根性蕎麦の始まりかもしれない。上手くいけば種蕎麦が採取できるかもしれません。何年かしたならば、ど根性蕎麦としてうりだそうか…



私は、蕎麦にはなかなかうるさい。蕎麦には「3たて」と言って、①粉を挽きたて②蕎麦をうちたて③蕎麦を茹でたての3たてが、通の証です。10割蕎麦も悪くないが、やはりにはち蕎麦が良いのではと思う次第です。2割の小麦粉、8割の蕎麦粉ということです。割下は、やはり返しを使いたいですね。薬味は、本山葵を摺りながら使いたい。葱はいらない。茹でたてを冷水でさらして、直ぐに食べたいものです。

茹で方は、火力が大事。ビックリ水も打ち方が大事。

蕎麦を食べたいなぁ…まずは、山葵をゲットしにいきますよ。山奥の望月さん宅へ…


« がく紫陽花?甘茶です。 | メイン | 土遊農実=Do you know me? »