お茶の富士秋山園:こだわりの茶師が育てる究極のお茶!秋山園
   ホーム |   秋山園について |   ご意見 |   ご注文方法 |   リンク |   お問合せ | 買い物かごを見る

秋山園新茶情報No.1

一気に芽伸びが進みました。富士山麓のビンに飾ってあるのは、秋山園店頭のオブジェのつもりです。新茶露地ものの新芽付きの枝となります。ご来店のお客様へのご挨拶です。


八十八夜は5月1日となりますが、走り新茶と言うよりも、大走り新茶ですね。
私が、物心ついたころには、地元の5月2日のお祭りが終わってから、やおら茶摘みが始まったように思います。地球温暖化と品種改良により、旬の前倒しとなってきました。
また、初物を珍重する食習慣のある日本人には、新茶、初物は喜ばれるものですね。


手摘み風景は、「蒼風」の手摘み風景となります。自然仕立ての茶園です。ハッキリ言うと手間暇コストがかかります。赤字覚悟でやっています。
「蒼風」には、普通のお茶よりもケルセチンと言う健康維持に貢献する有効成分が多く含有しております。また、その成分は、被せつまり被覆ものよりも、お日様の光をたっぷり浴びたものの方が有効成分値は高いことが分かってきました。

お茶とともに、健康ライフ。昔も今も、食に関する情報や知識、そして選択眼を養うことは大切です。

さて、今年も秋山園新茶情報を始めます。都合10回を目処として進めて参ります。では、お楽しみに!

富士、お茶の秋山園

代表茶師、秋山勝英

追伸、筍の掘りたてを大釜でコツコツ炊きあげたら、大変美味でした。運がよければ、御相伴にあずかれるかもね…


« 世界遺産、韮山反射炉に行ってきました。 | メイン | 熊本県地震被害 »