お茶の富士秋山園:こだわりの茶師が育てる究極のお茶!秋山園
   ホーム |   秋山園について |   ご意見 |   ご注文方法 |   リンク |   お問合せ | 買い物かごを見る

アーカイブ


まだ二番茶やっています。


7月10日ですが、まだ二番茶製造しています。一番茶の刈り取りから45日~50日で二番茶の刈り取りです。今年は、一番茶の最後が5月31日でしたから、まだ二番茶があるのは、至極当たり前、当然のことです。下級茶需要が逼迫して、値段の底上げが見られます。
また、今年の夏の猛暑予想による、ドリンク茶の需要が増え、原料茶葉の供給が急がれています。と同時に、大手ドリンクメーカーのラウンドストックの関係もあり、下級茶の特需とも言えます。



日本人がよくお茶を飲むようになったと思っている方もいるようですが…所謂ドリンク茶も含めて飲料として見ればの話ですね。

私は、緑茶リーフとしての消費は、減少していると判断しています。日本の食卓から、急須が消えてしまったのです。

ふざけた言い方では、万事休すだそうです。


かつても述べたことがありますが、日本人のライフスタイルが変わり、食生活が変わり、価値観が変わり、便利や効率が重視されて、多くの大切なものを失ってしまったような気がするのは、私だけなのでしょうか?

夏は、冷茶、または、ロックティーが、渇いた喉や身体にしみわたりますね。
生活の中に、上手く取り入れましょう。


« これが、芋虫ですぞ。 | メイン | 盛夏でございます。 »