お茶の富士秋山園:こだわりの茶師が育てる究極のお茶!秋山園
   ホーム |   秋山園について |   ご意見 |   ご注文方法 |   リンク |   お問合せ | 買い物かごを見る

アーカイブ


3月24日、秋山園ソメイヨシノ桜開花


同日、東京では例年よりも10日ほど早く桜が満開になったようです。秋山園のソメイヨシノ桜は、昨年より10日早く開花しました。
写真で御覧の通りです。植えてから凡そ20年経ちますが、かなり大きくなりました。だいたい5日ほどで満開になりそうです。


桜が咲き、満開になり、様々な樹木の芽吹きを身近に見て、春の到来を感じてきました。

かつてよりも、桜が咲く日が早くなったように感じます。2月1日から最高気温の積算値が600℃を越える頃に桜は開花するようです。

お茶の新芽は、一定の寒さのもとで、芽吹きのリセットがおこなわれるのではないかとの秋山勝英の仮説があります。しかも、そのリセットは、品種間差異があり、他の条件もあるのではとの仮説をたてております。また、新芽萌芽には、光と地温も大いに関係しているようです。
自然の摂理には、不思議なものがあり、我々にははかりしれないメカニズムが作用しているらしい。

光合成の仕組みは、かなり解明されてはきたが、凄い仕組みでできあがっています。スイッチのON、OFFは電気的メカニズムでさえあるし、世界最小のモーターとも言えるメカニズムも作用している。
詳しくは、別冊「ニュートン」をお読み下さい。


« 3月21日春分の日冷え込み | メイン | 桜満開になりました。 »