お茶の富士秋山園:こだわりの茶師が育てる究極のお茶!秋山園
   ホーム |   秋山園について |   ご意見 |   ご注文方法 |   リンク |   お問合せ | 買い物かごを見る

アーカイブ


2018、第2回秋山園新茶情報


写真は、「蒼風」の、日干萎凋の様子と冷風萎凋の様子です。
個性的な品種のひとつですが、さらに一工夫が必要です。あえて、新芽を太陽光線にさらして、化学変化をもたらします。
自宅の庭先に茶の平籠をならべて、お陽様の力をかります。何と、香りが変化します。その後、自宅の軒下での静置です。我が家の犬が中から見ているのがワンポイントです。



不思議なものです。中国茶の製法を応用しています。また、蒼風には、「ケルセチン」と言われる、人間にとって有効な成分が、他の茶品種よりも数倍含まれている品種です。
カブセよりも、直射日光があたる方が、有効成分は高くなることもわかっております。


品種がたくさんあり、段々と作っていきます。


« いよいよ新茶! | メイン | 2018年、第三回秋山園新茶情報 »