お茶の富士秋山園:こだわりの茶師が育てる究極のお茶!秋山園
   ホーム |   秋山園について |   ご意見 |   ご注文方法 |   リンク |   お問合せ | 買い物かごを見る

アーカイブ

ホーム > 新茶発売

平成30年産 新茶 1,500円/100g 機械摘みで一番上等なお茶です

新茶 100g 1500円の上煎茶
psse0150050h* 「*50g入 和紙平袋 750円」
  
psse01500100h 「100g入 和紙平袋 1500円」
  
psse01500100hb 「100g入 和紙平袋カートン 1500円」
  
psse01500100kb 「100g入 化粧缶 1500円」
  
psse01500200kb 「200g入 化粧缶 3000円」
  

平成30年産 新茶 自然仕立手摘 2,000円/100g(本体価格)

新茶 自然仕立手摘 50g入
psse0200050**  新茶自然仕立手摘手摘 50g入
  
新茶 自然仕立手摘手摘 100g入
psse02000100*  新茶自然仕立手摘手摘 100g入
  

平成30年度新茶販売始めました。

お買い求めは
左カテゴリー「新茶販売」からどうぞ!

いよいよ新茶!


1年ぶりだね~
あんた生きてた~^^
のお決まりのあいさつから今年も手摘みが始まりました!
フェイスブックの富士市のページで動画が見れます!
是非見てくださいね!

★詳しくはこちら →
top↑ 

秋山園紅茶・セカンドフラッシュ好調


写真は、静岡新聞7月1日に掲載された6月30日の茶況欄です。個人名は、明らかにされていませんが、秋山園の紅茶の評価でした。
品種は「夢香り」という品種で、宮崎県の育成品種です。以前から紅茶特性に優れていることは知っていたので、じっくりと丁寧に作り上げました。

★詳しくはこちら →
top↑ 

平成29年度 荒造り煎茶価格表

100g 500円の 荒造り煎茶
para0500100h* 「100g入り 平袋 500円」
  
para0500100hb 「100g入り 平袋カートン 500円」
  
psara0500100kb 「100g入り 化粧缶 500円」
  
para0500200** 「200g入り 無地アルミ袋 1000円」
  
psara0500200kb 「200g入り 化粧缶 1000円」
  
para0500300** 「300g入り 無地アルミ袋 1500円」
  
para0500500** 「500g入り 無地アルミ袋 2500円」
  
para05001000* 「200g無地アルミ袋×5袋 5000円」
  
para05001000b 「200g無地アルミ袋×5袋化粧箱入5000円」
  

第9回秋山園新茶情報2017


最新新茶前線異常有りです。収穫量が極端に少ないのです。このままいけば、大減収は必至となります。
秋山園では、手摘みから機械摘みへと移行してきました。まだ、手摘みはありますが、メイン製造はハサミ・機械摘みとなります。
写真は、秋山園の茶畑の摘採風景です。かぶせ資材を外して直ぐに摘採しております。

★詳しくはこちら →
top↑ 

第7回秋山園新茶情報2017


4月24日静岡茶市場初取引が行われました。テレビ等でご存知とは思いますが、最高値は108万円/㎏でしたが、そのお茶が本当にその値段の価値があるかどうかは???です。

当日は、私は6時15分頃に市場に行きましたが、大変混雑していたために、入場を諦めて、帰宅いたしました。

★詳しくはこちら →
top↑ 

桜満開から散り始め


「散る桜、残る桜も散る桜」有名な句です。秋山園の桜も、一斉に満開になり、散り始めに入りました。
桜が咲き、散り始めると、慌ただしくなります。

★詳しくはこちら →
top↑ 

新茶遅れます。昨年よりも7日ほど?


写真の富士山は、裾野まで雪が降った様子が見てとれます。昨年は、今頃は余りに早すぎてあたふたしていましたが、今年は、まだまだの感じがします。朝晩の冷え込みは、しっかりと冷え込む日があります。ある程度芽が伸びてからの冷え込みは、新茶に遅れが出る原因ともなりますが、例年並みだと思いますがいかがですか?

★詳しくはこちら →
top↑ 

秋山園新茶情報No.8

写真は、秋山園選抜晩生種の様子です。なかなか、素晴らしい良い芽をしています。かぶせて、自然仕立ての手摘みとなります。
5月5日から、2日かけて摘んでいただきました。
店頭への登場は、秋以降を予定しております。

★詳しくはこちら →
top↑ 

平成28年度 秋山園 今年のテーマ『不易流行』

秋山園 今年のテーマ『不易流行』

一昨年にも秋山園がテーマとした言葉です。今年はさらに深めていきたいと存じます。
「不易流行」とは 松尾芭蕉が「奥の細道」の旅の間に体得した概念で
「不易を知らざれば基 立ちがたく、流行を知らざれば風 新たならず」即ち
「普遍の真理を知らなければ基礎が確立せず、変化を知らなければ新たな進展がない」
というものです。「基」も「展」も軸は一本です。
日本もグローバル化が進み、価値観の多様性が顕著です。
日本茶の世界も平安の昔からその時々に合った形で変化を遂げ、今のスタイルに
なっています。限られた価値観の中で「日本茶はこうあるべき」という中から
抜け出せず淀んでしまわぬよう 多様な価値観に目を向け自由で柔軟な心で
「日本茶」をより魅力的に皆様にご提案すべく「不易流行」を心に
一年頑張っていきますので どうぞよろしくお願い致します。

ここから平成28年度新茶情報です

今年も順調にお茶が生育・製造できますように!

シャカシャカ水出し用紅茶できました!


便利な水出し用紅茶ティーパックできました。
袋がリニューアルされて新登場!
マイボトルなどに水・氷・ティーバックを入れて
シャカシャカするだけでおいしい紅茶の出来上がり!
水出しのため苦みが出にくいのでほんのり甘く感じます。
暑い夏にゴクゴクお召し上がりください!

★詳しくはこちら →
top↑ 

シャカシャカ緑茶(水出し用ティーバック)


お待たせいたしました。

昨年大好評だった「シャカシャカ水出し緑茶」
「ためしてガッテン!」
でも 水出し緑茶のパワーは立証されました
「エピガロカテキン」で免疫力アップです!
マイボトルに入れて気軽に持ち歩いてください。
こまめに水分補給は「生きたお茶で!」
お買い求めは左カテゴリーの「おすすめ品」や「冷茶」からどうぞ。

★詳しくはこちら →
top↑ 

5月31日、一番茶千秋楽

本日の、紅茶製造をもちまして、平成27年度産、一番茶を終了することになりました。このブログを書き込みの今は、間もなく夜10時となります。まだ、乾燥機3台に紅茶が入っています。怪我無く、無事に終了できそうなことに、まずもって感謝申し上げます。写真は、蜘蛛の糸が張っている新茶芽の様子です。この様な新芽は、来年にならなければ、お目にかかることはありません。

★詳しくはこちら →
top↑ 

包装について

包装も承っております。
簡易包装・カートン入り・缶入りなどご要望がございましたら
メールなどでお問い合わせください。