「こだわりの茶師」についてゆくのは大変です。

「こだわりの茶師」のついてゆくのは大変です!
私たちは「お見合い」 周りの人に「お茶屋さんは一年に10日しか働かないで一年食べて行けるんだよ~」なんて甘い言葉に誘われて、怠け者の私は(それっておいしいじゃん!)なんて思ってしまって・・・ (まったく鵜呑みにしたわけではありませんが・・・) 実際は休みが10日あるかないか(盆 暮れ合わせて)
「雨の日はお茶屋さんも休めてよいでしょう(*^_^*)?」なんて言われますが、工場ではこだわりの茶師が疲れた体を引きずって機械のメンテ・水洗いをしていますから・・・


ホントよく仕事をする人だと思います。
お茶が根っこから好きじゃなければ、あそこまで頑張れないと思います。自分のお茶をこよなく愛しているんですね~・・・(私よりも お茶♪ですから)O型なのにおかしいな~すごくこだわって、頑固で細かい!協調性のO型じゃないの?A型の私の方がずぼらでいいかげん。おかしいなぁ~  まあ以前にもご紹介したように主人の作るお茶に惚れ込んだからここにいるのですから、「お茶づくり」のための協力は惜しみませんが・・・たまにはぼ~~っと一日過ごしてみたいと思います。  時々子供たちに「お母さんに一日寝てていいよ!って言うてくれ~ただし病気じゃないときね!」なんて訴えると、かわいそうに子供たちは言ってやりたいけど困った・・・という顔をします。悪い母親ですねm(_ _)m 農協さんも来るたびに「かっちゃんは雨が降ると水洗いだな~そんな工場他にはないよ」などと言って帰ります。秋山園のやり方しか知らない私は「へ~そうなの!でもきれいにしなきゃ汚いじゃん」と思ってしまうところがいけません(**)仕事仕事!!
ということで、「こだわりの茶師」について仕事をするのは大変です。 よね!歴代秋山園研修生の皆さん!
「こだわりの茶師」と付き合ってもうすぐ18年になろうとしています。
山あり谷あり、笑いあり涙あり  少しづつ綴って行きます。共感して励みにしてくれる農家のお嫁さんなどいたら嬉しいな!