あと少し・・・茅刈り終了間近


40代最後の草刈も間もなく終了です。
今年は、大した雪にも遭わず、予定以上の量を
刈り取ることが出来ました。
 写真は、トラックから降ろすところです。
かなり高いところですから、気をつけてやりますが、
これで、大体150束くらいあります。
金額に換算すると、
7~8万円くらいといったところか・・・



 さて、皆さんは茅束、いわゆるススキの束を何に使うか
ご存知でしょうか?
 我々は、もう知っていて当然の如く思っていたのですが
先日、友人(建設業)から、「あれは、いったい何に使うのですか?」
と質問され、「茶畑に敷きこむんだよ。重要な有機質素材であり、地力を
高めるのにはもってこいの資材さ。」
と答えました。
我々は、至極当然のことと思っていることでも、
以外や以外、そうか解らないんだ、しらないんだと思いました。
知っていて当たり前と思うのは、こちらの浅はかさであり、自分自身の
説明不足と、知らない事の方が多いんだという認識を新たにしました。
そこで、茶畑に茅束、ススキを入れる、又は敷きこむ理由は、
①畑の有機質素材として、土壌改良のため(肥料分はほとんど無い)
②畑の水分調整、旱魃(特に冬)を防ぐため
③除草マルチング効果
④腐植の補給
⑤地温の低下を防ぐため
⑥微生物生育環境を確保するため
などです。
とにかく、農業も地道な努力の積み重ねです。コツコツと「前へ」です。

あと残りは、軽トラ二台分くらいです。
最後まで、事故怪我の無きように、注意して取り組みます。