いましたよ…今年も

べにふうきの刈り跡に、かまきり、蟷螂がいました。まだ若齢虫の姿です。

今年も、天敵としての活躍を期待します。

このように、天敵がいると、安心の目安にもなりますね。


毎年同じ現象が、いい意味で起こるのは、嬉しい限りです。

天敵は、自然発生し、バランスの取れた、環境条件で、均衡が取れるようですね。

最近、蜂達の集団脱走?集団逃亡?が言われていますが、かつてブログにも紹介しました日本蜜蜂は、秋山園には、健在です。

農薬に弱いと言われていますが、秋山園の省農薬栽培法が原因か、それとも彼ら日本蜜蜂がタフなのか、ブンブンと、巣穴から飛び交っています。

来年は、分蜂の一群を捕らえてみたいと思っております。

まだ、梅雨明けしてない、富士市の秋山園からでした。