おっと発見しました。



にわか大工宜しく、板壁の普請を自分でやっていたならば、屋根際に、なんとウツセミを発見しました。源氏物語の巻にもございますが…



珍しいと言えば珍しいが、よくもまぁ厳しい寒さの冬を乗り越え、張り付いたままでいたものです。
そう言えば、夏もあったなぁと思い出す象徴的なものです。
驚きとともに、懐かしさも感じてしまう、ウツセミでした。
にわか大工も、自分の人件費を只とみて、地道にやってみました。
なかなか、我なりに上手くできたと自負しております。
かみさん曰く、なかなか上手にできています。これならば家も建てることができるでしょう。
だってさ…
スミマセン、新築の家は希望的観測では、遥か彼方にあるはやぶさの心境です。
( 」´0`)」オーイ