秋山園が「深蒸し茶」にしない理由

秋山園茶師の秋山勝英は「山のお茶」の特徴であるお茶本来の香りを大切にするために「深蒸し茶」にはせず、昔ながらの普通蒸し製法にこだわ利、気象条件などで毎年微妙に違うお茶が一番輝くであろう製法を追及しています

※「深蒸し茶」は昨今、人気の高い製法で、生茶葉から煎茶を造る最初の工程である「蒸し」の時間を長くすることで、深く濃い緑色の水色であり、青臭の少ないまろやかな香り、強い甘みとコクが特徴です。