この花は…有毒ですが

一瞥して、この花はあせび、またはあしびともいうが、判るかたはなかなか植物に詳しい。
漢字でかくと馬酔木。スズランに似た白い花が特徴です。また葉は有毒です。


馬酔木からは、農薬を作ることができます。殺虫剤にはなるのですが、忌避剤程度だと言われています。昔からの伝統農法として紹介されています。また、楠木の葉っぱなども、忌避剤としての効果はあるようですね。

梅の花がしっかりと散り、次の花が順番を待っていたかのように、花が咲き始めます。

白木蓮が咲き始め、やがて桜も一斉に咲き始めます。
自然の移り行く景色を、和歌や俳句に謳いあげる日本人の精神文化は、素晴らしいと思います。

里芋の植え付けやら、遅くなってしまったじゃがいもも植え付けなくては…昨日やっとキャベツやブロッコリー、花の咲いた白菜を片付けました。

天気も判断しながら、お茶にも肥料やらいろんなことをしなければなりません。少しずつ「前へ」です。