こんなこともあります。


写真を見て、なんじゃろなと思う方もいると思いますが、実は、猫に肥料袋をかじりむしられたものです。肥料は、万能配合ですが、魚粕を使っています。私の考えでは、旨そうな原料を使うのが、根本的な肥料の原則です。猫も中を確かめてみたいほどの肥料品質は、信頼性の証でもあろう…



さてさて、実は今年は釜炒り茶元年となり、来年は玉露元年となります。畑の準備、品種選定、資材確保など私の判断で進めてまいりました。課題はいくつもありますが、少しずつ前進していきたいと思います。三歩前進二歩後退で構わない。とにかく進歩と変化が大切であろう。さすが流石流れ石とたとえましょうか、ローリングストーンズ?来ますねまた日本に…余分な話をしてしまいました。
No gather moss?
中途半端な知識は火傷のもと、失礼しました。
追伸、この時期の恒例の草刈りは、ぼちぼちやっております。寒いけれど…切り干し芋作りは、もう暫くしてから始めます。

次の記事

琵琶の花