なんてこっちゃ!

生葉コンテナの壁ぎわにて、生存競争が行われていました。


秋冬番茶の収穫とともに、カマキリが紛れて来たようですが…

なんと、噂にはきいたことがありますが、カマキリの共食いです。

生存競争厳しいとは言え、残酷な現実を見た気がします。

食べられている側はまだ、活きているらしく、生命体反応があり、まだピクピクしておりました。

噂によると、カマキリのメスは、オスを最後に食べてしまうそうですが、これがその現場でしょうか?

動画撮影して、YouTubeにでも投稿したら、話題になるかも?

さて、無事秋冬番茶も終了しました。あとは、ゆっくりとメンテナンスしたり、冬の管理作業を進めて参ります。

次の記事

中作・なかさく