やって来ました、横浜です。


実に、およそ30年ぶりに横浜港町、中華街となりの元町にやってまいりました。中華街には、数回来たことはありますが、元町は二回目となります。元町を訪れたのは、元町にある茶倉さんに、繋ぎをとろうと思いまして、はるばるやってまいりました。


自宅を出てから約二時間で到着いたしました。みなとみらい線がてきて、東急東横線が乗り入れているとは、全く知りませんでした。東京を離れて随分時は経ちますが、インフラの整備は目を見張るものを感じます。地方格差も顕著です。一極集中と言える状況だと言えます。
さて、元町「茶倉」さんは、特徴のある日本茶を、扱うコアな茶専門店です。飯田辰彦氏にも是非とも訪れるべきであると薦められて訪問いたしました。落ち着きのあるレストランカフェといった感じは、リピーターが多いのだろうと思われました。今回は、試作品を含めて、10種ほどの見本を持ち込みました。突然の訪問にも拘わらず、お相手をしてくださり、大変有り難かったです。お互いに所用があるため、少しの時間のお話となりましたが、かみさんをともない再訪し、出来れば私の作品(お茶)を扱って戴きたいものです。その時には、また改めて「茶倉」さんを御紹介方々ご案内致します。