ウサギとお茶


なぜ、ウサギとお茶かと言うと、
我が家のペットのウサギ・ノンちゃんは、
秋山園のお茶がらを食べます。どこぞの、仏返しの深蒸し茶は食べません。
秋山園のお茶の宣伝といえば、否定はできませんが…


言葉を理解しないであろう、動物たちは、食べて良いもの悪いものを本能的な感覚で、区別しているようです。
例えば、蟻の話。砂糖と人工的に甘味をつけた砂糖もどきを2つ並べておくと、
蟻は始めのうちは、どちらも巣穴に運ぶが、やがて本当の砂糖だけに群がり、巣穴に運び込むようになるのだそうです。

話を戻して、我が家のペット・ウサギさんは、深蒸し茶は食べずに、秋山園のお茶を食べるのは、彼らの贔屓なのでしょうか。
飼い主側の勝手な判断では、うまいものは解りますということでしょうか?

さて、私共は自分たちも飲むお茶であり、
皆様にも安心して飲んでいただけるお茶を提供してまいります。
ウサギさんに、そっぽを向かれるときは、何かを伝えていると思わなくてはいけませんね。

あまりにも、出来すぎた話のように思うでしょうが、
本当に、ウサギは茶がらをたべるのです。