サツマイモの収穫


切り干し芋専用の通称「ニンジンさつま」を掘り出しました。寒くなって、サツマイモが凍傷を受ける前に収穫ができて何よりでした。ギリギリ間に合いました。作柄は、当初の減収予想に反して、昨年並みには収穫できました。富士山をバックにまずは記念撮影と洒落こんでみました。



サツマイモの収穫には、妻と愛犬も参加して、2日がかりで蜜柑コンテナ32箱の収穫でした。サツマイモは寒さに弱いので、我が家では、自宅の部屋の一室を占拠して、毛布や布団などにくるまっております。
サツマイモ類は、収穫後の追熟をさせてからの方が、甘みを増し美味しくなるのは常識です。切り干し芋作りは、来月なかば過ぎから始める予定です。今年も、多くの皆様に、農家手作りの伝統食品をお届けできると思います。
尚、予約先行ですので、ご希望の方はご一報願えれば幸いです。
冬場は、芋職人に変身する秋山勝英でした。