スズメ蜂の巣?


自宅まわりの、自然仕立ての茶樹の中で発見したものです。徳利の形をしているので、徳利蜂の巣かとも思いましたが、状態や状況調査から、初期のスズメ蜂の巣と思われます。手摘みのお姉様方が、刺されなくて良かったと思います。



しかしまぁ、よーく眺めてみると、形状や色目は、芸術性高いものと感動してしまいます。丸みを帯びた曲線バランス、地味な色合いではあるが、茶色のコントラスト、しかも程よい大きさと枝つきとのバランスは、しげしげと観察して見るものを飽きさせないものがあります。全てのアートは、自然観察の中で育まれると言った方がいたような気もするが、同感です。
なお、農薬を多用しない茶園だからこその自然現象だと確信しております。このような現象は、私の判断の中では、天敵類とのバランスシートがとれている証拠だと思います。
追伸、丁度蜂が留守の時に取ってきたので、蜂は見当たりませんでしたが、修復作業されない為に徐々に風化、劣化が始まっています。まだ、お店に飾ってありますよ。