テイスティングフェスティバル


世界お茶祭りにて主催者側として、テイスティングフェスティバルを執り行いましたが、正直言って、こんなにも多くの来場者が訪れて、開催者も来場者もこんなにも楽しく有意義な時を過ごせるとは思いませんでした。
はっきり言って、予想外でした。我々の見込みでは1日に200人来れば、目標達成と思っていましたが、現実は昼飯を食べている時間も有りませんでした。
2日間で700人を越える来場者があり、楽しくテイスティングして頂きました。ご来場者の皆様にには、大変ありがとうございました。



我々は、夫婦二人で出展しましたが、私は主催者側役員の一員でしたので、来場者の接客は、かみさん独りにほぼ任せきりでしたが、中々、上手にお客様とコミュニケーションを取って頂きました。お疲れ様でした。
今回の世界お茶祭りは、三年に一度開かれるもので、このテイスティングフェスティバルは初めての試みでした。
当初の予想を遥かに上回る来場者と評判に、一同感激いたしております。
忙しい中、お手伝いいただきました皆さんには、大変感謝申し上げます。
また、(株)吉村様には、社長はじめとして多くの皆様に、知恵と技を貸していただき、誠にありがとうございました。
最後に、テイスティング投票ボードの前で私が、笑っていますが、其々のお茶がまんべんなく評価を受けたことが何よりでした。
今回の試みを基にして、次回への試金石となり、3年後にまた開催できる運びとなれば幸いです。
追伸、次までに新たな新商品開発に取り組む予定です。試作品のアイデアは既にあります。
秋山勝英でした。

次の記事

白菜の出来は?