ニベの炙り刺身


ニベとはイシモチとも言われる魚です。実は、駿河湾内の砂地に生息するスズキの仲間です。知り合いから頂き、私が三枚におろして炙りの刺身にしました。皮付きの方が、皮の食感と皮の油と旨みを感じて非常に美味です。炙りは、ホームセンター等で売っている市販品を使いました。鱗が多少残っていても、炙りで焦がせば、香り付けにもなります。胃袋や肝臓なども、背油と共に、ガーリックソテーにすると中々旨い!


美食家とは言わないが、大抵の旨いものは食べてきました。自分で魚もおろします。五枚おろしもできますよ。真鯛の昆布染め、鮃の煮こごりなどもやることができます。
やがて、鮟鱇も入手できると思います。今年は鮟鱇が高値かもしれません。海鼠は姿が見えないとの浜からの情報もあります。
農業とは関係ない話で、申し訳ありません。
ニベもない話…
ニベは、漢字で書くと魚偏に免と書くようです。
魚屋さんでは、高級魚扱いかなぁ。切身2つで580円でした。