ブートホロキヤです。

世界一辛いと言われるカプサイシンの塊です。ハバネロよりも更に、辛くて世界一の辛さだそうです。

見た目は、やや太めの唐辛子と言ったところですが…


イタズラ心半分、興味津々、怖いもの見たさで栽培しました。

インターネットでカプサイシンのことを調べると…

実に様々なページがありますね。ひとつひとつ見ていくと、私は仕事そっちの気になってしまいそうです。

インドでは、このブートホロキヤを生で食べる、大食いコンテストがあるそうですが、かなり危ない気がします。内臓または肛門が、大火事または、大火傷をするのではないかな?

辛いものは、麻薬的な作用があるらしく、さらに辛いものを食べたくなるし、習慣性もあるようです。因みに、お茶の飲み比べには、絶対に辛いものは、ダメですね。微妙な味覚を麻痺させます。

ところで、皆さんは、辛味の使い分けをしていますか?冷たい蕎麦は、山葵。温かいうどんは、一味、または七味。おでんには、和からし。ボイルウィンナーには、マスタード。等々…

食の話は、実に話題が豊富ですね。

さて、「蓼食う虫も好きずき」の蓼の味は、辛い、というのはご存知でしたか?