ベニフウキパン

メロンパンスタイルですが、ベニフウキパンです。
パンの先生が、試作品として焼いてくれました。

食べてみると、意外や意外、なかなか旨いのでした。


ベニフウキも、パウダーにして様々な食品への応用ができます。

例えば、既に発売しております『ベニフウキうどん』また、ベニフウキクッキー、ベニフウキカステラ、ベニフウキ羊羮、はたまたベニフウキを利用したカクテルなども有りかもしれません。

全て、ベニフウキの持つ機能性に着目してのことであります。
ただの、既存のお茶の観念から離れて、多岐に亘る可能性を考えて提案し、また商品化をすることが大切で有りましょう。

面白レシピとしては、銘柄豚の、お茶しゃぶしゃぶは面白いかもしれません。豚肉の豚肉臭さをお茶の湯の中をくぐらせると…臭みが無くなかなかすっきりと食べることができます。

さて、皆様はどんなレシピを考えつきますか?教えてください。

BTW、受験生諸君、健闘を祈っております。努力が報われることを期待致します。

次の記事

総合学習・お茶