ペンペン草

春の七草といえば、せり・なずな・ごぎょう・はこべら・ほとけのざ・すずな・すずしろ
ですね。

写真は、その中のひとつ「なずな」です。

別名ペンペン草と言えば…あー聞いたことがあるという御仁もいらっしゃることでしょう。


なずなは、若芽をおひたしなどにして食することができるそうです。

ある種の薬効もあるそうです。しかし、写真の様子を見て、ペンペン草とは、名付けた人はなかなかおも白いユーモアのあるひとですね。

草の種の形が、三味線のバチに似ているので「ペンペン草」と名付けられたとは…

改めて写真を見て、納得。
日本人のユーモアセンスを感じます。

雑草の名前には、面白いものが沢山あると思います。また、機会があればご紹介いたします。