一口メモ  朝茶は七里帰っても飲め

一口メモ  朝茶は七里帰っても飲め
朝茶を飲むと、その日の災難から逃れられることができるという俗信から、「七里の道を戻ってでも飲むべきだ!」ということ。朝の一杯の茶が健康維持に役立つことを意味しているとも解釈できます。昔の人の言う事は理に適っていることが多いものですね。