久々の雪景色


2月2日の天気予報通りの雪景色となりました。南岸低気圧の影響で当地珍しく雪景色です。雪がふると静かですね。雪が音を吸収するのと車が通らなくなるからなのでしょう。静かな朝でした。



お茶にとっては、雪は大したことありません。雪の降った後の寒波の方が心配です。このあと、どんな感じに寒さが続くのか、多少気にはなります。
今日は、寒空の下、ヤツガシラ芋を釜茹でして、ワセ芋の袋詰めや、ヤツガシラ小芋の整頓などをしました。
寒い日には、寒いなりに片付け仕事なども有り、農家はこんなもんだと、晴耕雨読とはかけ離れた生活が現実なんだなと…

前の記事

今年の鮟鱇