九州横断列車内にて


熊本から、大分に用事がありまして、九州横断列車に乗り込みました。
熊本駅を出発して阿蘇駅を過ぎ、立野駅あたりの車中でのサービス撮影です。
一見すると、少しヤバイ感じのお客様ですね。本当はとてもシャイな、田舎のおいちゃんのつもりなのですが…


立野駅では、急勾配を列車が登るために、スイッチバックという方法が使われています。
そう言えば、高島園の茶畑に向かう途中も、軽トラでスイッチバックをして高台の茶畑に行った思い出があります。
今回は、新大阪から桜に乗り込み九州に向かいました。
個人的な感覚ですが、JR九州はかなり頑張っていて、お客様満足度はアップしているのではと思いました。
大分では、佐藤さんにお世話になりました。次回は、奥さんを連れて是非ともいらして下さいとのことでした。
大分名物、鳥天有り難うございました。
また、熊本馬刺は宅急便で届きました。やっぱり、馬刺は熊本産が一番旨いですね。
今回の、熊本行きには、多くの皆様のお世話になりました。改めてお礼を申し上げます。
星野村の星野製茶山口様、お忙しいなか、お付き合いいただきまして有り難うございました。残したい日本の故郷ナンバーワンです。
大分の佐藤さん、折角いろいろ企画してくれたのに、時間がなくてすみません。今度は、焼き牡蠣をたらふく食べて、河豚と関鯖と関鯵をたらふく食べて、ゆったりと温泉三昧といきましょう。
ではまた、皆さんも九州の旅なかなか良いですよ。是非ともお出かけ下さいな。

前の記事

華燭の盛典