二番茶労働環境


今日は6/29水曜日です。朝4時半起きで、製茶工場を稼働させておりますが、写真でご覧のとおり、間もなく38度を越える勢いです。


世間ではやれ、熱中症で何人が運ばれただの、エアコンが使えないからだの、我々のこの労働環境からすればたいしたことない。
人間が一昔前と変わってしまって、あまっちょろい身体になったのでしょうか?
むしろ、エアコンと言うエネルギー消費の代償が、高くつくことを身を持って体験するのは当たり前になってきたのか?
とにかく、二番茶製茶工場は暑い。ひたすら暑い。多くの熱エネルギーを使っているから当たり前か。
南九州は既に、梅雨明けしたもようですが、あまり早く梅雨明けしてほしくはないです
私は、寒さには耐えることはできますが、暑さには弱いです。
ではまた。

次の記事

里芋被害