今年の鮟鱇


待望の鮟鱇入荷です。写真は、解体作業中の様子です。あまりにも寒く、手がかじかみ、解体作業時間はおよそ3時間かかりました。7つ道具はもとより、頬肉、提灯、肛門なども取り分け、棄てたのは、眼球ぐらいです。
冬の我が家の定番味覚食材です。地元の田子の浦漁港の刺し網漁師さんから、買い付けております。




鮟鱇の7つ道具とは、皮、胃袋、肝、卵巣、鰓、鰭、身肉、あたりを言います。私は、さらに、頬肉、提灯筋肉、肛門を入れたいと思います。珍味ですよぉ。川根町のKさんは、私が解体の仕方を教えてからは、毎年仲間内で、鮟鱇鍋を囲み、大宴会を開くのを楽しみにしており、今年すでに約17㎏の大物をゲットして、川根の鮟鱇鍋を楽しんだようです。
鮟鱇は、コラーゲンの塊、脂質は、肝に少しあると思いますが、その他部位にはなく、健康食材であります。身体全体がぬるぬるするので、吊るし切りが一番ですが、慣れてくるとなかなか面白いものです。
解体しながら、全て下ごしらえして保存しました。
ゆっくりと鮟鱇鍋を囲み、胃袋をポン酢、肝は蒸してから冷やし、卵巣は酢味噌あえ、その他は、鍋でパーツごと食べ比べと、楽しみながら食べてしまいます。海の幸に感謝、ご馳走さまです。

次の記事

久々の雪景色