仕事始め・家族皆で切り干し芋作り


1月2日早朝5時半起きで、芋を釜で炊きあげ、恒例の切り干し芋作りをやりました。段取りが良かったので、芋も上手に炊きあげることができました。
芋が飴色になり、まわりに飴がからみつき、独特の光沢を持つようになってきているのがわかると思います。この光沢は、福岡県にある高取焼の独特の飴釉に似ています。
飴色に炊き上がれば、最上級の切り干し芋間違いなしです。



お陰様で、切り干し芋も好評を博して、製造が間に合わずに、ご迷惑をおかけしておりますが、順次仕上げてお届けいたしております。大量生産ではなく、丁寧な手作りを心掛けております。あと6回ほどは作ることができそうです。
ロハスな食べ物ですが、人気商品となっています。
そんなこんなで、今年も始まりましたね。
焦らず慌てず、ゆったりと過ごしていけたならばなぁと思う、仕事始めでした。