伸びてきました…新茶!

暖かくなり、日本各地から、桜満開の声が聞こえます。
秋山園の新茶も、まもなく開始する予定です。近々、霜よけ披覆をしていた、マキノハラワセの披覆をはずし、こんどは品質向上のために黒の寒冷紗に変えます。


写真の品種は、希少品種の印雑131です。もちろん手摘みにして、独特の香気を出すために、日干萎凋を施します。

香りが、マスカット系の葡萄香が出てきたら、大成功です。全ては、わたしの直感と気象条件がものを言います。

どうやら、静岡茶市場の初取引は、4/20になりそうですが…秋山園は、どうしましょうか…出せない訳ではないが、直接消費者皆様にお届けしたいのが本心です。
まずはとにかく、マキノハラワセで、始めてみます。