作業名→カルチ

深耕したあとは、畝間がぼこぼこで、歩きにくく、カルチ(耕すという意味)で畝間を耕します。
畝間にしきつめた茅も起き上がりますが、足で中に入れ込みます。


何気ない作業の積み重ねが、品質向上に繋がるのですよ。
深耕の前には、しっかりと有機質肥料を撒き、ひと雨当てて、カビなどの微生物発生の確認をしてカルチをかけます。
そう言えば、カルチャーという英単語の意味に、『文化、耕す』などの意味があったと記憶しています。
人間の知恵や文化は、「脳みそ」を、耕すことと関連があるような気がしてきませんか。