作業名→深耕

読んで字の如し
畝間を深耕鍬で30センチメートル位掘り返し土を膨軟にし新しい活力ある新根が生える条件を人為的に作り出します。


最近ではあまり、この作業をする人を見かけません。効果の程が確認できないからでしょう。秋山園では、茶園の管理作業者が、製造もするわけですから、深耕の効果も十分理解と確認しております。
深耕の効果は、様々なものがありますが、結論的には、製茶品質(特に香りの向上)が向上するのです。程度の問題もありますが。
他の方々がやらない最大の理由は、暑い中での作業が重労働だからです。昔は、手作業でしたが、今では機械のお陰で随分楽になりました。
そうそう、写真の機械は30年前の機械を熊本県から探しだし、秋山園の旧型と合体して再生したものです。この旧型の方が、より深く耕せるのです。少しずつ、後進しながら土を掘り返し、新しい活力ある根の再生と有機物の分解促進、土壌の物理性の改善に役立てる作業です。かれこれ30年は続けていますよ。

感謝…熊本県錦町の古山様、深耕機有意義に活用しております。ブログ上ながら御礼申し上げます。